お申し込みフォームの設置は、お客様への心遣いです。

├ 事務的つぶやき

こんにちは。
Web事務アシスタント おぐろです。

私もそうですが、
お一人さま起業だと、あれもこれも自分でやらないといけなくて、
何からやったらいいのか、
何をしたらいいのかごちゃごちゃになること、ありますよね。

やったことがないことを始めるので、初期の頃は特にそうだと思います。

提供するサービス、商品を整えることはもちろんですが、
せっかくの良い商品をお客様にお届けするために、
事務的な目線からも、まずはこれを取り入れてほしい!
と思うものがあります。

それは、

お申し込みフォーム
です。

これ本当に大事なので、もう一度…

お申し込みフォームを設置すること
です!

始めはちょっと手間がかかるかもしれませんが、
費用はかけず、無料で使えるフォームはいくつかあるので、
まずはこれを最初のうちに作ってしまいましょう。

簡単なもので大丈夫です。

まだ始めたばかりだから、
そんなにすぐ売れないと思うから、

と、Facebookメッセンジャーやメールでお申し込み受付していませんか?

お申し込みがまだ少ない最初のうちにこそ、
フォームの使い方に慣れておいていただきたい!
のです。

 

申し込みフォームの設置はお客様への心遣い

まず、どこからお客様に来ていただくか。
ですが、
リアル店舗を構えずに、ブログやFacebookなど、ネットを使ってお仕事をする場合。

お客様はパソコンやスマホから、あなたの商品を知って、
良さそうだな、買ってみたいな。と思ってくださいます。

ご自分がお客様の立場になってみると分かるかと思いますが、
欲しいな、買いたいな、行ってみたいな。と思ったところに、
きちんと申し込みフォームが設置されていると、思わずポチっとしてしますよね。

ところが、
「お申込みは、下記メールアドレスへ」となっている場合、

途端にハードルが上がりませんか?

普段メールを使い慣れてない方からすると、
真っ白なメールのフォームに、何を書いたらいいのでしょう?
となりかねません。

パソコンを使い慣れてる方ならまだしも、
(それでもやはり…と思いますが)

スマホからだとしたらなおさらのこと。

メールアドレスをコピーして、
メールを開いて、アドレスを貼り付け、

なんだか面倒くさいかも…

と、メールを書き慣れている私もそう思いますw


この時点で申し込むのをやめてしまう方もいるかもしれません。

だとしたらとても残念なことですよね。

未だに時々見かける、
アドレスの「☆」を「@」に変えてくださいね。
というやつ、これはさらにお勧めできませんので、やめておいてくださいね。

申し込み動作に極力手間をかけさせない。は鉄則!
申し込みフォームを設置することは、お客様への心遣いなのです。

 

申し込みフォームはミスを防ぐ優秀なツール

少し極端な例を挙げますが、
扱うサービスや商品が唯一無二で、他では買えなくて、
どうしても欲しい!と思ってもらえるものであったり、
絶対あなたから買いたい!と思ってもらえる。
であったりする場合、

申し込みフォームなんてなくても、お客様は来てくださるでしょう。

しかしです。
私がやっている事務代行もそうですが、
同じような商品を扱っている人がたくさんいて、
ネット上で競合していることがほとんどの場合、
よほど特価したものがあるか、他との差別化ができていない限り、
上記のようなことは、なかなか起こりません。

が、仮にそうだったとして、ですね、

週に一人か二人、月に数人のお申し込みなら、
手作業での対応も可能ではあります。

でも、もし、ドドッとお申し込みがきたら??

その返信だけでも手間取りますよね。

どなたからどのお申込みをいただいたか、
誰にに返信をして、誰がまだだったか。
問い合わせの返事をしたかどうか。

頭で覚えていられる範囲を超えた場合、とても慌てます。

手書きのメモで対応もできますが、ミスが起きる可能性が非常に高くなりますし、
トラブルにもなりかねません。

お申し込み対応はお客さまとのファーストコンタクト。
最初の接点なので、できるだけスムーズに運んで、良い印象を持っていただきたいところです。

ここでモタついて印象を落としてしまうと、とても勿体ないですよね。

 

申し込みフォームがあれば、お互い快適

お申し込みの対応は「事務対応」です。

どのお仕事にも事務的な対応というのは発生するものですが、
得意、不得意に関わらず、そこにはどうしても一定の時間がかかります。
できれば、事務にあまり時間をかけたくないですよね。
皆さん、本来やるべきことがいっぱいありますから。

なので、できるだけ手間取ることなく、時間をかけず、
ミスを起こしにくい仕組みを作っておきましょう。

始めから事務を外注してしまうのも、有りといえば有りですが、
なかなかそうはいかないものですし、
自分でやってみないとわからないことも沢山あるので、
まずはひとつずつ取り組んでみられることをお勧めします。

サービスを提供する側の時間的、心理的な負担を軽減しつつ、、
お客様にストレスなくスムーズに申し込みの一連動作を完了してもらうこと。

申し込みフォームをひとつ設置すれば、それらは解決できます。

他にもフォームを使うメリットはあるのですが、
それはまた別の記事でご紹介しますね。

フォームの作り方がわからない、使い方がわからない。
という方は、サポートを承りますのでご相談ください。
https://oguro843.com/menu/others/

丸投げで作成代行もいたしますが、
後々の修正なども視野に入れて、
是非、ご自分で作成できるようになっていただきたいです。

フォームズ
https://www.formzu.com/
フォームメーラー
http://www.form-mailer.jp/

このあたりがおすすめです。
チャレンジしてみてくださいね。

ご提供中のサービス
定期事務代行サービス
セミナー/イベント事務代行サービス(単発対応)
その他のサービス(マージパージ、フォーム作成など)

お問合せ・お申込みはこちら